悪心

開放骨折して大量に出血してしまった時に、急激に血圧が降下して、眩冒や体が急速に冷えるように感じる冷や汗、悪心、座っていても起こる意識消失発作などの様々な脳貧血症状が誘引される場合もあります。
陰金田虫(インキンタムシ)という病気は20代〜30代の男性に多い傾向があって、原則として股間の辺りにのみ拡大し、体を動かしたり、お風呂に入った後など体がポカポカ温まると猛烈な掻痒感があります。
アルコールを分解するという効果を持つナイアシンは、ゆううつな宿酔に効果的な成分です。宿酔の誘引物質とされる酢酸アルデヒド(アセトアルデヒド、acetaldehyde)という物質のクラッキングに作用しています。
世間では水虫といえばまず足を連想し、こと足指の間に現れる病気だと思われがちですが、白癬菌がうつるのは足だけに留まらず、人の体ならどこにでもうつってしまうという恐れがあるので注意してください。
健康を推進する世界保健機関は、人体に有害な紫外線A波の極端な浴び過ぎがお肌に健康障害を引き起こす可能性が高いとして、18歳以下の若い人がファッション感覚で日サロを使うことの禁止を強く先進国に喚起しています。
寝姿を見ることで、入居者さんがセラピーキャットを愛おしく思った時にオキトキシンというホルモンが分泌されれば、ストレスの低減や心のヒーリングなどに結びつきます。
基礎代謝量というのは目が覚めている状態で生命を維持していく(心臓の鼓動、口や鼻からの呼吸、腎機能、体温や筋緊張の保持等)ために必ず要る最低限のエネルギー消費量のことなのです。
万が一婦人科の検査で現時点での卵胞ホルモンと黄体ホルモンの量が基準値よりも少なく早発閉経(POF)だと分かった場合は、足りていない女性ホルモンを補填する治療方法で緩和が期待できます。
一見すると「ストレス」というものは、「溜めないようにすべき」「除外すべきもの」ものと考えがちですが、実際は、私たち人は多種多様なストレスを経験しているからこそ、生活していくことに耐えられるようになっています。
常時ゴロンと横向きになったままでTVを視聴していたり、片手で頬杖をついたり、かかとの高い靴などをよく履くという癖や習慣は身体の左右の均衡を崩してしまう因子になります。
緊張性頭痛とはデスクワークなどでの肩こり、首凝り、張りから生じる患者数が多い慢性頭痛で、「頭をギューっと締め付けられるような激しい頭痛」「ズドーンと重苦しいような頭痛」と表現される症状が特徴です。
パソコンモニターのチラつきを和らげる効果のあるPC専用のメガネが現在人気を集めている要因は、疲れ目の低減にたくさんの人が努めているからでしょう。
栄養バランスの取れた食事を1日3回とることやスポーツはもちろんですが、心身双方の健康やビューティーを目的として、食事の補助として数種類のサプリメントを服用する行為が一般的になっているのです。
BMIを求める計算式はどの国でも同じですが、数値の評価基準は国ごとに違っており、日本肥満学会(JASSO)ではBMI値22を標準体重、25以上の場合だと肥満、18.5未満であれば低体重としているのです。
ロックミュージシャンのコンサートの開催される会場や踊るためのクラブなどに据えられているすごく大きなスピーカーの真正面で大きな音を浴びて耳が聞こえにくくなる症状を「急性音響性障害(きゅうせいおんきょうせいしょうがい)」と言っているのです。