負担

年々患者数が増加しているうつ病では脳内で分泌される神経伝達物質であるセロトニンが足りなくなり、憂うつ、なかなか入眠できない不眠、疲労感、食欲低下、5kg以上の体重減少、焦り、顕著な意欲の低下、希死念慮、自殺企図などの危険な症状が心身に現れます。
ものを食べるという行為は、食べようと思った物をなんとなく口に運んで20回前後咀嚼して飲み込んで終わりだが、その後体は実にまめに活動し続けて食物を人体に取り込む努力を続ける。
上が140以上の高血圧が長い間継続すると、血管に重い負担がかかった挙句、全身至る所のありとあらゆる血管に障害が生じて、合併症を招く率が拡大します。
緊張型頭痛とはデスクワークなどでの肩凝り、首筋の凝りが誘因の肩凝り頭痛で、「まるで締め付けられるような頭痛」「ドーンと重苦しいような痛さ」と言い表される症状が特徴です。
3つのアミノ酸から成るグルタチオン(Glutathione)には、細胞の機能を悪化させたり突然変異をもたらすような人体に悪影響を及ぼす有害物質を体の中で無毒化し、肝臓の機能性を促す性能が判明しているのです。
アメリカやヨーロッパ各国においては、新しく開発された薬の特許が切れてから約4週間後には、製薬市場の約80%がジェネリック医薬品(後発医薬品)に替わるクスリもある位、ジェネリック(後発医薬品)は各国に知られているのです。
食べ過ぎ、体重過量、運動不足、遺伝、不規則な生活、心身両面のストレス、老化というような複数の原因が揃うと、インスリンの分泌量が少なくなったり、機能が落ちたりして2型糖尿病(ICD-10:E11)に罹患します。
1回永久歯の表面を保護しているエナメル質を減らすほど進んでしまった歯周病は、多分病状そのものが安定することはあっても、エナメル質が元の量に復元されることはないのです。
ヘルニアというものは正しくは「椎間板ヘルニア」と呼ばれており、背骨の間にあってクッションみたいな役割を果たしている椎間板(ついかんばん)という名のやわらかい組織が飛び出した症状のことを表します。
塩分や脂肪の摂取過多をやめて手ごろな運動に励み、ストレスの多すぎない暮らしを心がけることが狭心症の要因となる動脈硬化を事前に予防するポイントだといえます。
環状紅斑というものは輪状、つまりは輪っかのようなまるい形状をした紅い色の発疹・湿疹や鱗屑など、皮ふ病の総合的な病名ですが、病因は実に様々だといえます。
脚気(かっけ)の症状としては、両手両足が麻痺したり脚のむくみなどが標準で、発症から時間が経ってしまうと、重症の場合、呼吸困難に陥る心不全も併発する可能性があるということです。
素人判断では折れているのかどうか判別できない時は、疑わしい部位にある骨を優しく指で圧してみて、もしそこに激しい痛みを感じたら骨が折れているかもしれないので、すぐ病院へ行きましょう。
ハーバード・メディカルスクールの調査結果によると、一般的なコーヒーと比較して1日あたり2杯よりも多くノンカフェインコーヒーを飲用することで、驚くことに直腸がんの発病リスクを半分以上は減少させることができたとのことだ。
「沈黙の臓器」とも言われる肝臓に中性脂肪(中性脂質)やコレステロールが多く溜まった脂肪肝(しぼうかん、fatty liver)という病気は、動脈硬化や脳梗塞等々色々な合併症を誘発する可能性があることをご存知でしょうか。